恥垢 臭い 対策

恥垢の臭いにおいを対策

  • 恥垢とは
  • 勝利の恥垢のの原因は
  • 恥垢はどこについている
  • なぜ恥垢時効が臭うのか
  • 恥垢の正しい洗浄方法
  • おすすめの恥垢洗浄ソープ

恥垢臭い

 

 

恥垢とは

恥垢とは女性器の周りにできる汚れのことで、分泌物や尿やおりものなどが固まってできたものです。
恥垢がとても臭うが強いあれこれがデリケートゾーンの匂いとして悪臭を放ってしまうことがあります。

 

チーズのような匂いの恥垢があり細菌や殺菌ウイルスなどのはびこる原因になる他カンジダ症やヘルペスなどが起きる原因にもなります。

 

 

恥垢は何でできているのか

これはバルトリン腺という分泌腺からの分泌される分泌物や、体液おりものなどが固まったものです。
これはもとは、分泌物は本来女性器を細菌から守ってくれるために出ている大切な分泌物ですが、古い古くなった分泌物を洗い流さずに放っておくと、恥垢になってしまいます。

 

さらに恥垢は放置すると固くなって歯石のような硬い物質になって全く取れなくなってしまうことがあります。

 

 

 

 

恥垢が多く付いているところ

 

 

恥垢はデリケートゾーンのどこにでもついているものですが、特に多いのがお風呂で洗った時に落ちにくい陰核の包皮の下や小陰唇のビラビラしているところ、大陰唇と小陰唇の間の溝などに多く溜まっています。

 

 

恥垢はなぜ臭うのか

恥垢が臭う原因はバルトリン腺から出る分泌液そのものの匂いや、オリモノ経血のとに雑菌が繁殖してしまって起こる雑菌の臭い

 

雑菌はおりものや尿のタンパク質を分解し匂いのする物質を発します。
これがこれが恥垢がにおうメインの原因です。

 

恥垢の正しい洗い方

恥垢を正しく洗うには複雑な形をしている女性器を綺麗に洗わないといけません。

 

特にひだとひだの間のところや陰核の下など普段洗いにくいところを丁寧に洗っていく必要があります。

 

日本では性器は洗ってはいけないと勘違いしている人が多く洗いすぎるようです。

 

不潔にしていると恥垢が固まって取れにくくなる原因にもなりますか、ゴシゴシ洗う必要はありませんが丁寧に隅々まで洗う必要があります。

 

 

正しい洗剤の選び方

そして洗剤の洗濯方法も大切です。
適切なソープを選択しないと膣内の自浄作用が損なわれて菌のバランスが崩れます。
菌のバランスが崩れることで悪玉菌多く発生し悪臭を放つ原因にもなります。

 

 

デリケートゾーンに適切な石鹸は弱酸性で出来ていて、低刺激の善玉菌を洗い流さずに恥垢を洗い流せる洗剤です。

 

おすすめ洗剤はイビサソープ。
イビサソープは弱酸性で出来ていて刺激になるものが入っていなくて恥垢を落とす洗浄成分はちゃんと入っています。
ですので恥垢の匂いが気になる方はこの石鹸を使ってみるのも一つの方法です。

 

恥垢が臭い

 

薬用イビサソープの公式サイト