生理中 臭い 対策

生理時のデリケートゾーンの臭いを解消

デリケートゾーンの臭いはいつも気になるのですが、生理中は一番気になる時期です。

 

そこに3日目くらいから臭いがどんどん強くなって、周りに臭っているのではと思うほど不快な臭いを発します。
このページでは生理中に臭いが強くなる原因と色々な対策方法を紹介します。

 

 

臭いの原因はばい菌が殖えること

生理中の臭いを何とかしたい!陰部の臭いを軽減する方法

生理中に臭いのが良くなるのは経血が腐敗している匂いです。
血液はもともとは臭わないのですが、膣から外に出て行き空気に触れると酸化し臭いが出てきてしまいます。
経血とおりものはバイ菌が繁殖するための栄養がふんだんに含まれています。

 

 

生理中の臭いを軽くするには方法

血液が出ることが臭いの原因と捉えがちですが、案外経血には臭いはないもの、敏感な人では軽い鉄のような臭いがする場合もありますが、ほとんどの人には分かりません。

 

周りにもにおってしまう程の悪臭は経血が腐ってしまうことが原因です。
ですので対策にはなるべく経血が出た後の処理を早くしバイ菌を繁殖させないようにすることが一番です。

 

 

ナプキンを3時間ごとに交換する

なぜ3時間ごとたというと雑菌が繁殖するまでにかかる時間が3時間程度だからです。
3時間ごとに取り替えれば臭いがそれほど強くならずに済みます。

 

拭き残しに注意する

3時間ごとといっても睡眠中や仕事中などどうしても3時間以内に変えられないことも多々あります。
その場合は拭き残しに注意します。ウェットティッシュで経血をしっかり拭いたりアンダーヘアに絡まっている血液を残らず落とすようにします。
専用のウェットティッシュ拭きシートもあるので使ってみても良いでしょう。

 

洗い流すお風呂で丁寧に洗浄する

お風呂でのケアはとても大切です。
ただし洗い過ぎには注意して、ひだの部分などの汚れを丁寧に落とします。

 

むれにくいナプキンを使う

市販の使い捨て紙ナプキンは成分がポリエステルなど合成素材でできていて、
手軽であまり交換しなくてもたっぷり吸収してくれます。

 

ただしこの吸湿性はデメリットにもなって水を保つむれやすいという面もあります。
あまりむれが気になる場合は綿で出来ていてが風通しがいい布ナプキンを使うこともありでしょう。

 

最終手段は膣洗浄

 

生理中の臭いを強烈に流してくれる対策方法として膣洗浄があります。
膣洗浄は膣の中に直接洗浄液を入れて、汚れと一緒に臭いを洗い流すものです。
使いすぎはよくないですが、生理後の臭いを改善する方法として優れた方法です。