デリケートゾーン 臭い 病気

デリケートゾーンの臭いの原因と対策

デリケートゾーンの臭いを心配する女性が多いです。
デリケートゾーンから少しでも匂いがするとこれは病気だと心配してしまうようですが、病気が原因であるとは限りません。
このページは考える病気、その他の生理的な原因ついて考えていきたいと思います。

 

デリケートゾーンのにおい石鹸

 

まずは病気以外の原因で起こる生理的な臭いについて紹介したいと思います。

 

 

生理的な臭いの原因

上記以外の原因で臭いが強くなる場合考えられる原因は

 

スソガが原因

スソガはすそわきがともいうデリケートゾーンのワキガのことです。
デリケートゾーンのワキガについてはこちらのページで解説しています。

 

生理の前や生理後

生理の前と後ではホルモンバランスが崩れるので、肌が荒れたりニキビニキビが出来たりしますよね。

 

デリケートゾーンでは皮脂腺から皮脂がたくさん出るという現象が起きて普段より臭いが強いと感じる方もいます。

 

生理中は臭いが強くなりますが、生理中のにおいは経血にばい菌が繁殖していわいる雑菌臭が強くなる場合がほとんどです。

 

デリケートゾーンに雑菌が殖える

デリケートゾーンに雑菌が繁殖するのはナプキンを放置していたり汚れ落とし残していたり、汗の対策をしていない場合なのです。
臭いの原因としては一番多いものです。

 

デリケートゾーンの洗いすぎ

デリケートゾーン洗いすぎて臭いが覚えることがあります。
これは洗いすぎで善玉菌が洗い流されてしまったり、雑菌が逆に繁殖してしまったりするのが原因です。

 

タンポンやコンドームを抜き忘れている

他に症状がなくて強い匂いがする場合、タンポンなどうっかり抜き忘れていることがあります。
自分で抜き出せない場合は婦人科に受診します。

 

デリケートゾーンのの臭いが強くなる病気

デリケートゾーンの匂いが強くなった時、病気かどうか判別するポイントには、匂い以外の症状があるか例えばかゆみや痛みオリモノが増えるなどの異常がポイントになります。

 

考えられる病気

淋病

淋病は主にセックスで感染する病気です。
症状としてはおりものが黄色い膿のようになる、おりものの量自体が増える尿道炎になりやすいといった特徴があります。

 

カンジダ膣炎

おりものが白くなって激しい痒みが出るのが特徴です。
抗生物質を飲み続けていう時は体が疲れている時などに出やすいものです。

 

トリコモナス症

トリコモナス症はトリコモナス原虫が感染することで起こります。
症状は黄緑色のオリモノや黄色のおりものが出る、膿のような臭いのおりものが出るデリケートゾーンが痒くなるなどです。
トリコモナス症と聞けば性病と思いがちですが、プールでうつることもあります。

 

このページではデリケートゾーンが臭くなる原因や病気で考えられるものを挙げました。
雑菌臭のあとは自分で対策はできますが、病気でチェックが入るポイントがあれば病院に早めにいった方が良いでしょう。