陰部 臭い 原因

デリケートゾーンのにおいと対策方法

  1. デリケートゾーンの臭いの原因
  2. デリケートゾーンのにおい対策の仕方
  3. デリケートゾーンの臭いを解消する便利なアイテム

 

 

女性の多くがデリケートゾーンの臭いに悩んでいます。
デリケートゾーンに全く悩みを持っていない女性は10人に一人もいません。特に多いのが黒ずみや臭い、特にニオイというのは他人に迷惑をかけてしまうことがあるので神経質になってしまいがちです。

 

 

デリケートゾーンは構造上ある程度によっても仕方がないところ
できる対策をやりつつの自分の体臭として受け入れることも大切です。

 

デリケートゾーンの臭いの原因

デリケートゾーン臭い

 

雑菌が増えることで起きる

デリケートゾーンの臭いの原因は多くの場合雑菌です。
雑菌が汗や恥垢といった原因を分解してしまうことで起ります。

 

アポクリン腺から出る汗が原因

デリケートゾーンにもアポクリン腺があってここから栄養分が豊富な汗が出てきます。
この汗が雑菌で分解されることで、独特のすそわきがの臭いが出てしまうことがあります。

 

婦人病が原因で起こる

臭いが気になるからすぐに病気と思うのは短絡的ですが、
病気のサインとしてにおいが変化することもあるということは頭に入れておく必要があるでしょう。
例えば子宮頸がんや子宮内膜炎・淋病・細菌性膣炎などでは悪臭のあるおりものが出ます。

 

 

デリケートゾーンの臭い対策|匂いの解消方法

 

デリケートゾーン臭い
臭いの対策方法は

  • 清潔に保つこと
  • 雑菌を繁殖させないこと

 

雑菌が増える条件は高温+多湿+栄養があること
この3個が揃うことで雑菌が爆発的に増えてしまいます。
温度と湿度は対策しにくいもの・・

 

まずはエサになってしまうおりものや汗といった老廃物をその前に洗浄したり取り除いたりすることが必要要です。

 

膣の中まで石鹸で洗わない

オリモノの臭いが気になるからといって膣の中を普通の石鹸で洗ってしまうと膣内のバランスを崩して、おりものがますます増えてしまったり、臭いが強くなるといったトラブルに見舞われるかもしれません。

 

デリケートゾーンの奥では自浄作用が働いているので石鹸などは使わずどうしても洗いたい場合はインクリアなどの専用のビデオなどを使うようにします。

 

 

お風呂で丁寧にケアする

毎日のお風呂でデリケートゾーンを清潔にすることは基本です。
デリケートゾーンは皮脂の汚れなどの油っぽい汚れも含まれているのでお湯で小出洗い流すだけ・シャワーだけなどにはせず、石鹸を使って丁寧に隅々まで洗います。

 

直接石鹸を塗るのではなく泡立てたソープをパックするような形で洗うのがおすすめです。
小陰唇と大陰唇の間の溝などはちこうがたまりやすいので指の腹で丁寧に優しく擦ります。

 

 

デオドラントを使うという方法も

どんなに日常的なケアでき気をつけていても発汗を止めることは無理ですし、
1日何度も風呂に入るわけに行きませんよね。
どうしても臭いを止めたいそういう時はどうしたらよいでしょうか。

 

 

即効性のある方法デオドラント製品を使うことです。
デオドラントは汗止め作用、消臭成分、殺菌作用がある臭い消しグッズです。

 

汚れをふき取りシートなどのように何度も使う必要がなく、1日1回朝に塗るだけで1日効果が持続してくれます。
汗を止める効果だけでなく雑菌の繁殖を抑えてくれる、殺菌作用も入っているので根本的な対処になります。

 

 

デオドラントは選び方に注意

デリケートゾーンは皮膚が薄くて薬品の吸収率は高いところです。
ですので手足や脇用の汗止めをそのまま使ってしまうと刺激が強くてしみたり痛い場合があります。
デリケートゾーンにデオドラントを使う時はデリケートゾーンに対応しているものを使うようにしましょう。

 

 

ここまでデリケートゾーンの臭いの原因と対策法を見てきました。
デリケートゾーンの臭いに悩んでいる方は自分にできることからでいいので少しずつ実践してみてくださいね。